大きくする 標準 小さくする

2011年06月09日(木)更新

七夕の夜は、海外WEBマーケティングで未来の扉を拓く♪

20110609_1.jpg













【製造業の海外WEBマーケティングセミナー】

 中小製造業の海外WEBマーケティングはこうやる!
 ~今こそ、海外ブルーオーシャン(ニッチ)市場を開拓しよう!~

 
 ⇒  http://factory.e-b2b.jp/seminar/20110707/


  ◎日時:

  2011年7月7日(木)19時15分~21時00分(受付開始:19時)
 
  ◎会場:

  大阪市立青少年文化創造ステーション 5F 講義室505
  (愛称:KOKO PLAZA ココプラザ http://www.kokoplaza.net/)
  〒533-0033大阪市東淀川区東中島1-13-13
  ※JR新大阪駅東口(南側)階段を降りて南東へ、徒歩約5分

  ◎講師:エクスポート・ジャパン株式会社
      代表取締役 高岡 謙二氏


  ◎主催:e製造業の会・滋賀eビジネス道場(株式会社創)

  ◎定員:40名


---------------------------------------------------------------------
  ※詳細お申し込み⇒  http://factory.e-b2b.jp/seminar/20110707/
---------------------------------------------------------------------

【テーマ】

  中小製造業の海外WEBマーケティングはこうやる!
 ~今こそ、海外ブルーオーシャン(ニッチ)市場を開拓しよう!~


【要 旨】


 高岡 謙二 氏曰く・・・

 中小製造業の海外向けの展開に関しては、

  1.製品が良く
  2. 企業にやる気があれば

  マーケティング的な面ではあまりハードルは高くないです!


 日本は、完成度の高い技術、洗練されたサービス、調和の取れた
 自然環境など世界に誇れる資源は多いものの、そういった「商品」に
 付加価値を与える「情報」に関しては、その発信能力(特に外国語による発信)が
 他国に比較して低い。

 インターネットは、そういった世界発信を可能にするツールと言われて久しいが、
 実際にその活動に携わっている専門家はほとんどいないという現状がある。

 そんな中で、10年以上にわたり海外向けWEBマーケティングに特化して
 取り組んでこられた高岡さんならではの経験と実績から、中小製造業が
 海外WEBマーケティングでブルーオーシャン(ニッチ)市場を開拓し
 成果を出していく秘訣を学びます。

 机上の空論ではない実務家の真実のお話です!
 この機会をお見逃しなく!!



【スケジュール】
  
 ・19時15分~20時15分 講演

   中小製造業の海外WEBマーケティングはこうやる!
  ~今こそ、海外ブルーオーシャン(ニッチ)市場を開拓しよう!~

   講師:高岡 謙二 氏


 ・20時15分~21時 質疑応答、ディスカッション

  ホンマはどないやねん?
  海外WEBマーケティングの実情を突っ込む。

   講師:高岡 謙二 氏
   コーディネータ:村上 肇

 ・21時15分~ 懇親会


【講師プロフィール】

 高岡謙二(たかおかけんじ)

  エクスポート・ジャパン株式会社 代表取締役
 http://www.export-japan.co.jp/


 インターネットに特化した海外向けプロモーションの会社を日本で初めて設立。
 東大阪の中小企業を世界に売込むプロジェクトや日本の観光資源を世界に紹介
 する活動で多数の実績を残す。


 ●職歴・経歴

 1990年 関西学院大学を卒業
 1990年~1992年 味の素ゼネラルフーヅに勤務
 1992年~1993年 B級ライセンスを取得し、プロボクサーとして3戦を経験
 1995年~1999年 タイ王国総領事館商務部(タイ国政府貿易センター)勤務
 1999年~2000年 神戸大学大学院経営学研究科入学(中退)
 2000年~ エクスポート・トゥ・ジャパン・ドットコム株式会社起業。
      その後、現在の社名に変更。

 各産業分野のトップ企業と自治体・政府機関なども顧客に持つ。
 また、世界トップの訪日・在日外国人向けポータルサイトである
 ジャパンガイドの取締役も兼務している。

 
---------------------------------------------------------------------
  ※詳細お申し込み⇒  http://factory.e-b2b.jp/seminar/20110707/
---------------------------------------------------------------------


 以上、どうぞよろしくお願いいたします。
 ありがとうございました!