大きくする 標準 小さくする
前ページ

2011年12月09日(金)更新

BtoCネットビジネス繁盛5つの法則+α!!

12月2日の滋賀eビジネス道場でお話しさせて頂いたポイントを書いてみようと思います。

20111209_6.jpg



久しぶりにBtoCのネットビジネスについてのお話をしました。緊張したなぁ(^^;

成果を上げておられる事例を5つの切り口に分けて解説しています。


◎BtoCネットビジネス繁盛の法則1 ~専門家が広告塔となって~

 近江牛.com (http://www.omi-gyu.com/)
 タオルはまかせたろ (http://www.makasetaro.com/)
 竹虎  (http://www.taketora.co.jp/)

ネットビジネスの場合基本的に商圏が大きくなりますので、専門店化することは定石です。しかも今やそれだけでは足らず、専門店に専門家がいて、その人の魅力で売る。その専門家が広告塔となって、商品の価値、お店の価値を伝え広めることで、買う理由をつくる。

「牛肉買うなら新保さんのところで」とか「タオル頼むなら寺田さんに」とか「竹製品なら山岸さんに相談しよう」と言ってもらえるお店つくり、価値つくりはネットビジネスの王道でしょう。



◎BtoCネットビジネス繁盛の法則2 ~お客さまを絞って~

 阿波のうまいやっちゃ (http://www.marutani-21.co.jp/)
 CanLife(キャンライフ) (http://www.canlife.jp/)

商材を絞って専門店化することが基本、定石と言いましたが、もう一つ”誰に売るのか”と、ターゲットを絞ることも基本中の基本の一つです。上記2店舗はよく出来ている事例だと思います。

キャンライフさんはご自身の体験に基づいた分りやすい事例ですが、阿波のうまいやっちゃさんは、ちょっと分りにくいかもしれませんが、明確にターゲットを徳島県民に絞っておられるところが面白い事例です。



◎BtoCネットビジネス繁盛の法則3 ~お困りごとを解決する~

 ザクロ屋 (http://www.zakuroya.com/)
 もぐもぐ共和国  (http://www.mogumogu.jp/)

法則1・2の、「誰に何を伝えて売るのか?」というネットビジネスの基本中の基本に加えて、お客さまが抱えていらっしゃるお困りごとを解決する姿勢・仕掛け・コンテンツをビジネスモデルに盛り込むことは、価値創造にはとても有効なところになりますので、是非取り入れてみて下さい。



◎BtoCネットビジネス繁盛の法則4 ~基本的にブルーオーシャン市場~

 アーカム (http://www.arcam-b.com/)
 ドロップ (http://www.ns-drop.com/)

こちらは、中古品をネットで売る。という、常にブルーオーシャンになる素敵なやり方です。中古品は基本が一点ものになりますので、その商品が欲しい人にとっては、他との比較が困難になりますから、欲しいものを見つけたら、買わざるを得ない素敵な商売が構築できます。

もちろん、商品の目利きや、1点ものだけにページの更新や運営に、高いノウハウ、スキルが要求されますが、一つの切り口としては面白いと思います。



◎BtoCネットビジネス繁盛の法則5 ~価値の伝え方を工夫する~

 越後収納美人 (http://www.shunoubijin.com/)
 害虫バスターズ (http://clean-boy.com/)

5つ目は、長年やってこられた、既存のビジネスを伝え方を工夫する、見込み客を集める入り口をつくる、などして、他社との差別化、独自化を見事に実現された事例です。

越後収納美人さんは、お父さんの建築設計事務所を引き継がれた娘さんが考えられた見事なビジネスモデルです。
害虫バスターズさんは、布団や畳の乾燥業ですが、プロの乾燥技術は害虫も見事に駆除できることから、「乾燥業⇒害虫駆除」へ伝え方を変えて価値創造できた事例です。どちらも小さな会社が知恵で勝負している素敵な事例ですので是非ご覧下さい。



最後に・・・

「+α」ですが、どの事例も、お客さまに喜んでいただこう!周りのお役に立とう!という意識の高い事例ばかりです。
やはりこうした、利他や世間良しの姿勢が共感を生み、息の長い繁盛の秘訣となっているのでしょう!!



もう、商品やサービスを並べただけでは明らかに売れない時代です。

皆さんは、どんな繁盛の法則をお持ちですか?


最後までお読み頂き、ありがとうございます。





2011年12月05日(月)更新

最後に生き残る人々は「譲る心をもった人」

人生の暗号―あなたを変えるシグナルがある
人生の暗号―あなたを変えるシグナルがある


私の場合、よく本を衝動買いしてしまうので、読んでいない本が結構あります(^^;

その中の一冊で、遺伝子研究の世界的権威で、筑波大学の村上和雄名誉教授の「人生の暗号」が目に留まったので、読んでみましたら大変心に響く一節がありましたのでご紹介したいと思います。


◎第五章:他人が喜べば、自分も楽しくなる。

  最後に生き残る人々は「譲る心を持った人」

最新のコンピュータに「どんな人間が最後に生き残るか」を推測させたところ、「力の強い人、自分のことを優先させて考える人、競争に勝ち抜いていく人」などの大方の予想を裏切って「譲る心をもった人」という回答が出てきたという話があります。

これはいったい何を意味しているのでしょうか。「他人のためを第一に考える人が結局報われる」ということではないでしょうか。このことは遺伝子のはたらきからも納得のできることです。人の心は「他人のため」に献身的に努力しているときに理想的な状態ではたらく。よい遺伝子がONになるのです。

だから他人のために何かをすることほど、自分に役立つことはありません。自分の心を充実させたかったら、人の心を充実させてあげ、自分が成功したかったら、人の成功を心から望む。こういう生き方をすればよいのです。

・・・中略・・・

ところが競争原理が勝った世の中では、なかなかこういう生き方はできません。人を押しのけててでも勝とうとしないと負けてしまう。負ければ敗残者として顧られなくなる。だからみんなが競争で勝とう、勝とうとしています。

・・・中略・・・

その一つに共生的進化論というのがあります。人間にかぎらず生物は、お互いに助け合いながら進化したという考え方です。この説によって進化を説明するとおおよそ次のようなことになります。

原初の海に大腸菌のように細胞内に核を持たず、しかも細胞一個で生きている単純な生物がいた。その単純な細胞が核をもつ一段上の細胞に進化するとき、どういうことが起こったか。それまで存在していたいくつかの単純な細胞やその一部が、争うのではなく合体して一つの新しい細胞を形成したのです。

つまり細胞同士が協調的なはたらきをすることで、複雑なはたらきをする細胞ができあがっていった。けっして強いものが弱いものをやっつけるというかたちで生まれたのではなく、それぞれ独自のはたらきする単純な生命体が、互いに助け合ってつくり出されたと考えるのです。

産業界でも最近はお互いが協力して提携や合併が盛んに行われていますが、似たようなかたちで細胞が進化を遂げたというのは、いわれてみればありそうなことです。それからもう一つ、生物が争うよりも協調することで、進化してきたことをうかがわせる考え方があります。

それは、地球そのものが生きている一つの大きな生命体であり、進化を遂げてきたとする学説です。これは、対立と抗争、分断と個別化を、進歩や進化の原動力とみなすのではなく、助け合い、譲り合い、分かち合いの三つの「合い」が、本当の進化の原動力だとする考え方なのです。

この学説はイギリスの生物物理学者のジェームス・ラブロックという人が唱えた「ガイア仮説」と呼ばれるもので、この考え方は各分野の人々に大きな影響を及ぼしつつあります。

・・・中略・・・

そうした考え方が今日にいたって注目を集めるようになったのは、そこで主張されていることが、科学的にうなずけるところまで科学が進歩したからです。たとえば生命体が弱肉強食ではなく、共生的であるということは、人間の細胞のはたらきをみるだけでうなずけることなのです。

個々の細胞はつねに全体に奉仕するためにはたらいている。そして全体は個々の細胞が生きられるようにコントロールしている。また、個々の細胞間でも助け合いや分かち合いが行われている・・・。その姿は、自然の世界の理想的なあり方をそのまま体現しているのです。

だから、サムシング・グレード(偉大な何者か。宇宙の創造神。)の存在とはたらきを知ったとき「つつしみ」と「助け合い」は本物になると思っています。

したがってコンピュータが、最後に生き残る人々を「譲る心をもった人」と答えたのは卓見というべきです。「人のために」を実行するとなぜ報われるのか。それは自然の姿そのものであり、自然体こそが最適な生き方の選択といえるからです。




いつ買ったかも忘れていた本。

しかし、最高のタイミングで、読んでみようと思い行動してみると、今の私にとっては最高に勇気付けて下さる内容が飛び込んできました。本当に有難いことです。ありがとうございます。


10年前に、世界的な科学者が書かれた内容を、本当にそのまんま「理念経営の実践」として取り組もうとしていましたので、驚きと共に、背中を押していただいたようで嬉しくなりました。


--------------------------------------

【理念経営の実践】

株式会社創は、経営理念「ありがとう(感謝)。分かち合う(調和)。喜ばれる(利他)。」に共感頂き、共に成長する良き仲間を増していくことを目的としています。


事業はいつか行き詰ることもある、時代に会わなくなることもある、巣立っていく社員もパートナーいるだろう。
でも、理念の実践によって、「お互いの存在を認め合い、存在そのものに感謝し、相手を思いやり、協力し合って働き、周りのすべてに喜ばれるように生きる人。」に少しづつでも成長出来れば、今の仕事や事業が変わっても無くなっても、巣立っていっても、何があっても力強く生きていける人間となれる。そんな「人間としての成長」を目的として会社経営を行っていきます。
 
そして、理念に共感頂き、共に「人間としての成長」を志す社員には、株式会社創は最大限、その人の役割を見出し、その価値を活かして頂ける場を提供し続けることを約束します。

ですから、会社は利益得るために存在するのではなく、利益はこの理念経営の実践の場を進化、発展、継続、させていくための手段である。私たちの給料もしかり、給料をもらうために働くのではなく、すべてに喜ばれる存在、自分の力を分かち合い調和のとれる人、今在る事に感謝できる人に成長していくための手段である。
 
お客さまに対しても、どうやって儲けようかと考えるのではなく、どうやって喜ばれるかだけを常に考え実践する。社内で共に働く仲間やビジネスパートナーとも自分の持てる力量や才能でどうやってお役に立てるかを常に考え実践する。
 
さらには、理念に共感していただき、共に人間としての成長を目指すすべての人を「良き仲間」と呼び、良き仲間が集い、学び、遊び、体験し、イノベーションを興し、お互いが笑顔で心豊かになる場を創り、社会に広げていきたいと思います。


--------------------------------------


 ありがとう(感謝)
 分かち合う(調和)
 喜ばれる(利他)

まさに、ガイアの仮説、ガイアの夜明け、ではないでしょうか??





それにしても、村上さんて凄い人が多いなぁ。

 村上和雄さん
 村上春樹さん
 村上龍さん
   ・
   ・
   ・
 村上肇・・・(ならべるな!バ~カ;;;


最後までお読み頂きありがとうございます。






2011年12月02日(金)更新

会社もGNH思考が大切では?




先日来日されたブータン国王の演説に感動して、関連する記事や本を読んだりしていて思うところを書いてみます。

ブータンは国王の穏やかな演説とは裏腹に、20世紀後半まで、戦争や暗殺、反政府運動などが続いていたようである。

が、それが逆に、GNH(国民総幸福)という発想を生み出したのだろう。


GDP(国内総生産)から、GNH(国民総幸福)へ舵を切り、現在では国民の97%が「幸福」と答える、見事なGNH大国となったブータンは本当に凄いと思う。

確かに人口67万人と、滋賀県よりも人口が少ない国ではありますが、国家として資本主義経済の世界で成し遂げられた意義は大きいと思います。


これを会社経営に置き換えても、学ぶところは大きいと素直に思います。

 売上至上主義
 利益至上主義
 拝金主義


確かに、資本主義経済の中で会社経営を継続していくには、売上、利益は必須です。

ですから、無駄を省き、生産性を上げて仕事をすることは大切なことですが、それが行き過ぎてはいないか、と振り返ってみることも大切な時期に来ているように思います。


 何のために会社を経営しているのか?

 何のために働くのか?
 何のために生きるのか?


と、深く深く常に自分に問い、考えることが大切だと思う。


 「関わるすべての人の幸福を追求する。」


これが、会社経営の真の目的ではないだろうか?

生産性、売上、利益はその目的追求のための手段ではないでしょうか?



人それぞれに「幸福」の捉え方は違います。

だから、難しい。

だから、面白い!



皆さん、人生にも会社経営にもGNH思考を取り入れてみませんか?


最後までお読み頂きありがとうございます。





2011年12月01日(木)更新

おかげさまで、株式会社創は10期を迎えることが出来ました。

20111201_2-550x0.jpg
2011年12月1日
本日、おかげさまで、株式会社創は10期目に突入いたしました!

2002年1月に独立、2003年1月に「有限会社ふぁーすと・らぼ」として法人化し、2004年12月に「株式会社 創(SOU Corporation)」へ社名変更、組織変更して現在まで、本当に関わって頂いた皆さまのご支援、ご協力のおかげさまで、無事10期を迎えることが出来ました。

心より感謝申し上げます。
ありがとうございます。


最初は私一人が、自身の町工場でのインターネット活用の経験を活かして、中小製造業がインターネットでの情報発信によるマーケティングで、顧客の創造、戦わないブルーオーシャン新規市場の開拓を実現できるようにとの想いで事業をスタートさせて頂きました。

そして10年、おかげさまで共感頂ける、お客さまが増え、共に働く仲間が増え、今日まで事業を継続することが出来ました。

これからは、初心を大切にすると共に、経営理念である「ありがとう(感謝)分かち合う(調和)喜ばれる(利他)」に共感頂き、共に成長する良き仲間を増していきます。


また、事業の目的である

「100年喜ばれるWEBビジネスパートナー」

として、

私たちは、個性豊かなスキルを持つ社員が、それぞれに精一杯力を発揮し、協力し合い、全社一丸となって、お客様の思いをカタチにし喜んで頂きます。

株式会社創が取り組む、Webサイトの企画設計、構築、マーケティングは、お客様が気づいていない隠れた価値を引き出し、Webで伝わるカタチを創り出し、新しい関係性(新規市場)を発掘し広げ、伝わる喜びを提供し続けることをお約束します。


皆さまとの素晴らしきご縁に、ありがとうございます。
これからも、どうぞ宜しくお願いいたします。

                   
株式会社 創(SOU Corporation) 代表取締役  村上 肇




«前へ

20141009bnr.jpg

会社概要

『中小企業(製造業/BtoB)に利益をもたらす!  インターネット活用セミナーとホームページ制作の会社です。』 ▼3つのミッションで躍動しています! ・モノづくりとインターネットの融合で新たな価値を創造し、日本のモノづくりをカッコよく、元気にすること。...

詳細へ

個人プロフィール

1962年3月生まれ滋賀県出身日本のeビジネス、特にB2B、ECのパイオニアとして、中小製造業のインターネット活用に新たな道を開拓した。1997年、町工場WEBマスターとなり、1999年、マグネットワールドオープン。当時製造業では唯一日経ECグランプリを受賞するなど中小製造業がネットで成功でき...

詳細へ

バックナンバー

<<  2011年12月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメント一覧

最新トラックバック

  • まかせたろ 映画【レ・ミゼラブル】を語る from (株)京都工芸 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 先日、158分の大作【レ・ミゼラブル】を観てきました。 ヴィクトル・ユーゴー氏がロマン主義フランス文学の大河小説として 1862年に書いたものを映画化されています。 学校の教科書を通じてジャン・バルジャンの名前は遠く記憶に 焼き付いており日本ではミュージカルとしてあまりにも有名な 作品であります。 冒頭
  • ~がんばる中小企業のための展示会活用コミュニティ~からのヒアリング from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    有限会社マルワ什器の大島節子 社長が、中小企業が展示会を活用してもっと儲かってもらいたいという思いから、中小企業の経営者や展示会担当者同士の成功事例を共有し、展示会の準備・運営・フォローの方法を学びあうと、展活(テンカツ)~がんばる中小企業のための展示会活用コミュニティ~を今年の5月に立ち上げました。 その大島社長さんが10月5日に株式会社創の村上肇社長の運営しているe製造業の会との共催で展
  • 展示会見学ツアー & 活用事例報告会でパネリストに from ベローズ・ラボ ☆ベローズ案内人☆
    三元ラセン管工業がベローズを出展する第15回関西機械要素技術展の最終日10月5日に展示会見学ツアー & 活用事例報告会を株式会社創の村上肇社長が主宰しているe製造業の会の主催でマルワ什器の大島節子社長の主催する展活「がんばる中小企業のための展示会活用コミ...
  • モールアーチスト キタナカアツシ from (株)京都工芸 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 人を集める仕組みを学び 自社商品、サービスのファンを作る と題して滋賀でモールアーチスト キタナカアツシさんの 講演を拝聴に伺った。 独創的な世界をアーチストとして持ち続けるキタナカワールドに 2時間どっぷりと浸らせていただきました。 モールアートは以前から一度ブームがあったがそれ以降は 注目
  • ニュートップリーダー発刊3周年記念・特別講演会に行ってきます。 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    中小企業経営者向けに出版している「ニュートップリーダー」の発刊3周年を記念し、エヌ・ジェイ出版販売と日本実業出版社の共催による特別講演会がヒルトンプラザウエストで開催されるので行ってきます。 社員の潜在パワーを引き出す