大きくする 標準 小さくする
次ページ

2011年11月29日(火)更新

ソーシャルメディアでの情報発信は”お布施”?!

ブッタとシッタカブッタ〈1〉こたえはボクにある
ブッタとシッタカブッタ〈1〉こたえはボクにある


昨日のブログで、ネットビジネス全体の最適化、ビジネスモデルに合わせたWEB企画設計の必要性を書きましたが、その前に、人と人とが直接繋がるソーシャルメディア(Facebookなど)では特に情報発信に対する心構えも大切かなっと、思いますので少し書いてみます。


ソーシャルメディアでの情報発信は”お布施”と考えよう!

”お布施”と聞くと、お坊さんにお金を出すことと思っておられる方が多いかも知れませんが、「布施」とは、もう少し広い意味で、施しをすることで、現代の言葉で言えば「与える」とか「親切にする」などのことを指します。


そして布施は、大きく「財施」と「法施」の2つに分けられます。

「財施」とは、財を施す、つまりお金や物を人にさしあげる、与えることです。

お金や物を人に与えれば、自分の手元のお金や物が減るから、与えた人は損をした気分になるかもしれませんが、因果の法則から言えば、恵まれるのは、与えた本人となるわけです。



そして、「法施」

これには有名な無財の七施があります。


 1)眼施(げんせ):
   目による施し。温かい眼差しを向ける。温かい眼差しで接する。

 2)和顔悦色施(わがんえつじきせ):
   険しい表情をせず、いつも明るい笑顔、優しい笑顔で人に接する。

 3)言辞施(ごんじせ):
   愛語施(あいごせ)ともいい、愛のある言葉、心からの優しい言葉をかけていく。

 4)身施(しんせ):
   損得を抜きにして、自分の身体を使って奉仕すること。人のため、社会のために働くこと。

 5)心施(しんせ):
   思いやりの心を持つこと。「ありがとう」などの感謝の言葉を述べること。

 6)牀座施(しょうざせ):
   場所や席を譲り合う。座っていただく。

 7)房舎施(ぼうしゃせ)
   自宅に人を迎え、雨露をしのぐ場を提供する。労をねぎらう。




このように、布施もお金やモノでなくても色々と出来ることがあります。


これを情報発信に当てはめてみれば、出来ることが見えてきますよね。


Facebookのプロフィール写真などはまさに「和顔悦色施」になりますし、発信するメッセージやコンテンツには「言辞施」「愛語施」を実践できます。

また、いいね!やコメントなどには「心施」が実践できれば、素晴らしいコミュニケーションが生まれ、素敵な人間関係が築けることでしょう。



このように、ソーシャルメディアでの情報発信を”お布施”と捉えて実践していくことがソーシャルメディアでのビジネスを含め、基本的に一番大切なことと思います。


以上、シッタカブッタでした(^^;


最後までお読み頂きありがとうございます。



2011年11月28日(月)更新

ネットビジネス新時代!

「ネットビジネス新時代!」って、めっちゃベタなタイトルで失礼いたします(^^;

もうちょっと粋な言葉を考えようとしたんですが、思い浮かばず15年前に読んだ本のタイトルと変わらない時代錯誤ぶりです(^^;;



ここまで来たインターネットビジネス最前線―すべては「マクルーハンの法則」にあった (クレスト選書)
ここまで来たインターネットビジネス最前線―すべては「マクルーハンの法則」にあった (クレスト選書)
クチコミを見る



とは言え、本当にインターネットを活用したビジネスも15年が経過し、大きな転換期を迎えていることも事実です。

 ・Facebookなどソーシャルメディアの台頭。
 ・スマートフォンやタブレットの普及による”つながりっぱなし”の現実化。
 ・楽天市場における客単価の低下。
 ・amazonフルフィルメントサービスの凄さ。
 ・中小製造業の情報発信による系列ピラミッドの変化。



などなどの変革によって、単純に情報発信すれば良い、商品並べてショッピングカートつけたら売れる、リスティング広告で売れる、SEOで儲かる・・・


なんて、部分最適化では、どうしようもない時代となってきています。



これからは、まずはネットビジネス全体の最適化と言いますか、それぞれの会社のビジネスモデルに合った、WEB企画設計を見直すことが大切になります。


何でもかんでも使えば良いってもんじゃありません。

 WEBサイト
 ブログ
 Facebook


この代表的な3つの活用だけでも、それぞれの特性を見極め、ビジネスモデルに合わせて使っていかないとかえって足を引っ張る結果になるかもしれません。


「ネットビジネス新時代!(^^;」の
キーワードとしては以下の4つを意識することが、まずは大切と考えています。

    と  情報
 直接 と  間接


この関係性と、それぞれのビジネスモデルを考え合わせて、使うツールの選択と活用方法、そしてリアルとの連携を如何に設計し構築するかがポイントとなります。


このあたりの詳細は、以下のセミナーあたりからお話して行きます。
宜しければご参加検討してみて下さい。



 ◎12月2日【滋賀】⇒ 2012年へ向けて!ネットショップ繁盛5つの法則!!

 ◎12月16日【大阪】⇒ BtoB営業スペシャル!~リアル営業からWEB、Facebook活用まで~
 

最後までお読み頂きありがとうございました!






2011年11月26日(土)更新

地に足のつかない時代

20111126_3-550x0.jpg昨日は、新潟県柏崎市での「柏崎ものづくり企業ネット活用講座」の最終回へ伺うため、北陸周りの特急”サンダーバード号”と”北越号”を乗り継いで向かいました。


柏崎商工会議所の担当者さんからの連絡で、新潟は強風で荒れ模様ですから気をつけてお越し下さいと言われたとおり、冬の日本海は見事な荒波でした(^^;


日本海の荒波を見ながら、今のビジネス環境って、こういう波でサーフィンをしている感覚なのかなと思いました。


私はサーフィンはしたことが無いので、体験的に言えば、スキーで不整地、コブ斜面を滑る感じでしょうか。

とにかく、足元が安定しない、次々に不測の事態が起きる、今はそんな「地に足のつかない」ビジネス環境ではないかと。


 リーマンショック
 東日本大震災
 ヨーロッパの金融不安
 超円高
 少子高齢化


などなどの、大きな問題から派生する目まぐるしいビジネス環境の変化がある。

こうした変化に対応することが刻々と求められるのだ。


スキーで言えば、新雪バーンやコブ斜面などを滑るときには、まずスキー板に対して良いポジションに乗ることが大切で、後は力まずリラックスして「新雪バーンやコブ斜面」を如何に楽しむかである。


ビジネスに置き換えてみると、もう目まぐるしく変化するビジネス環境の真っ只中にいるわけですから、逃げることは出来ませんから、良いポジションに乗るためのテーマを決めしっかりと実践し、変化を楽しめる状態を常に創っておくことが経営者に求められる大きな仕事でしょう。


株式会社創は、12月から、おかげさまで10期を迎えます。

今まで支えて頂いた多くの皆さまに感謝し、地に足がつかない時代を楽しめる会社へ成長できるように

 理念経営の実践
 ブランディング
 伝わる情報発信

 
この3つのテーマに重点を置き、実践して参ります。




最後に、進化論のダーウィンは、

「この世に生き残る生き物は、最も力の強いものか。そうではない。最も頭のいいものか。そうでもない。それは、変化に対応できる生き物だ」

と、言ったそうですが・・・

皆さんは、地に足のつかない時代の変化、楽しんでいますか?



最後までお読み頂きありがとうございました!






2011年11月24日(木)更新

「人間としての成長」と向上心は違う。

20111124_1-550x0.jpg徒歩通勤のいつもの道で、ハッと目を奪われた”紅葉”。

いつの間に、こんなにキレイに色づいたのか、今日はじめて気がついた。


青い空、太陽の光、澄んだ空気・・・

いろんな、要素が重なり、そのおかげで”紅葉”は美しく輝く。



”紅葉”を眺めながら思う。


先日、創の会社を経営している目的は「人間としての成長」と謳ったが、成長と向上心の違いを感じた。


 もっと、売上を上げたい。
 もっと、お客さまに喜ばれたい。
 まだまだ、感謝の心がたりない。



などなど、足りない、不足するところをみつけて、向上しようとすることが”人間としての成長”とはちょっと違うのではないか?と。

もちろん、向上心をもって努力することは良いことではあると思いますが、


その前に・・・


 お互いの存在を認め合い、
 存在そのものに感謝し、
 互いが持つ役割を果たし、
 相手を思いやり、
 協力し合って生きる人。



こういう人間に成長しようと集う会社して行きたいと思う。


紅葉は紅葉だけの力で美しく輝いているのではない。

青い空、太陽の光、澄んだ空気・・・

などなど、周りとの素敵な調和の中で、光輝くのだ。


皆さんは、「人間としての成長」をどのようにお考えですか?


最後までお読みいただきありがとうございます♪










※良き仲間への第一歩、セミナーに参加しませんか♪

 ◎11月24日【大阪】⇒ 中小企業に効く!ISO徹底活用セミナー!!

 ◎12月2日【滋賀】⇒ 2012年へ向けて!ネットショップ繁盛5つの法則!!

 ◎12月16日【大阪】⇒ BtoB営業スペシャル!~リアル営業からWEB、Facebook活用まで~

2011年11月22日(火)更新

「イノベーション」実践の時は今!

ネクスト・ソサエティ ― 歴史が見たことのない未来がはじまる
ネクスト・ソサエティ ― 歴史が見たことのない未来がはじまる


4年くらい前に読んだだろうか。
この本の一節を思い出しました。

※著書では、「起業家」と書いてありましたが「経営者」と置き換えています。


ネクスト・ソサエティより・・・

「経営者は変化を当たり前のものとして見る。自らが変化を起こそうとはしないが、変化を探し、変化に反応し、変化を機会として利用しようとする。それが経営者である。

変化を観察しなければならない。あらゆる角度から見なければならない。そして機会となりうるかを問わなければならない。あらゆる変化について、本物の変化か流行かを見なければならない。見分け方は簡単である。本物の変化とは人が行うことであり、流行とは人が言うことであり、話しにしか出てこないものは流行である。

そして、それらの変化を機会として捉えなければならない。最初から脅威としてしまったら、もうイノベーションは無理である。

何事であれ、目論見と違うからといって。予期せぬことこそしばしば最高のイノベーションの機会となる。」


他にも、ドラッカーは、「イノベーションは一部の天才によるひらめきではない」と断言し、誰でもどの組織でも活用可能な、体系、方法論、としてまとめている。

「イノベーションは、事業のあらゆる局面で行われる。設計、製品、マーケティングのイノベーションがある。価格や顧客サービスのイノベーションがある。マネジメントの組織や手法のイノベーションがある」と。




まあ、前置きが長くなりましたが(^^;

 インターネットも創世記より15年ようやく繋がりっぱなしの世界に。
 リーマンショックからユーロ圏の財政危機にまで波及する金融不安。
 東日本大震災をはじめとする多くの天災。

などなど・・・

2011年は、間違いなく、大きな変化、変革の年となりました。
1989年以来の大変革の年と思います。


一瞬立ち止まってしまうような時もありましたが、やはりここは、経営者として恐れることなく、2012年に向かって、しっかりとイノベーション(
物事の「新機軸」「新しい切り口」「新しい捉え方」「新しい活用法」(を創造する行為)のこと)を実践していこうと行動を開始しています。


昨日のブログ「理念経営の実践」もその一つですが、他にも”創”のブランディング、新規事業のスタートと目まぐるしいいそがしさで、誠にありがたいことです。


そして、今回のイノベーションのテーマは只一つ!

  ”共感”


競争から共創へ、顧客からパートナーへ、独占から分かち合いへ・・・

現在まで、「戦わない経営」として地道に取り組んできたことを、一気に伝わるカタチに変えて、共感いただけるすべての方を良き仲間として行きたいと思います。




皆さんは「イノベーション」実践していますか?


最後までお読み頂きありがとうございます。








※良き仲間への第一歩、セミナーに参加しませんか♪

 ◎11月24日【大阪】⇒ 中小企業に効く!ISO徹底活用セミナー!!

 ◎12月2日【滋賀】⇒ 2012年へ向けて!ネットショップ繁盛5つの法則!!

 ◎12月16日【大阪】⇒ BtoB営業スペシャル!~リアル営業からWEB、Facebook活用まで~

2011年11月21日(月)更新

事業の目的の前に「理念経営の実践」は必要か?!

株式会社創の事業の目的は

 「100年喜ばれるWEBビジネスパートナーとして、
               共に成長する良き仲間を増やす!」


です。



その実現のために、様々なサービスがあり、必要なスキルを磨き、日々精一杯仕事をしてます。

それ以上を求めるのは経営者としておかしいのかもしれませんが、先日、事業の目的の前に「理念経営の実践」の必要性を社内でぶち上げました!


以下が、株式会社創の経営理念と理念経営実践の決意文です。



みなさん、如何お感じになられますか?




【経営理念】

ありがとう(感謝)

私たちは、「ありがとう」が合言葉です。
『人の生を享くるは難く やがて死すべきもの 今いのちあるは 有り難し』が、"ありがとう"の語源です。今命あることに感謝する。働けることに感謝する。仕事をいただけることに感謝する。仲間がいてくれる事に感謝する。健康に感謝する。家族に感謝する・・・ただただ、ありがとう!


分かち合う(調和)

戦って、争って、奪い合うビジネススタイルからは卒業し、「和を以って貴しとなす」古来日本の良き思想通り、自分たちそれぞれの長所、特徴を活かし、分かち合い、お互いに協力し合って人と人との和を大切に、すべてを味方にしていきます。


喜ばれる(利他)

私たちは、関わるすべてに喜ばれる存在です。
喜ばれると嬉しい人として自らを活かし、周りの人たちのお役にたつこと、喜ばれることを楽しみ実践し続けます。秘訣は、自分の好き嫌いで物事を決めるのではなく、頼まれごとを喜んで引き受け行動することが"利他"の実践、さらには天職となります。



【理念経営の実践】

株式会社創の究極の目的は「ありがとう(感謝)、分かち合う(調和)、喜ばれる(利他)」この経営理念を常に実践し、良き仲間と共に「人間として成長」していくことです。事業はいつか行き詰ることもある、時代に会わなくなることもある、巣立っていく社員もパートナーいるだろう。

でも、「ありがとう(感謝)、分かち合う(調和)、喜ばれる(利他)」を理念とするならば、今の仕事や事業がなくなっても、巣立っていっても、何があっても力強く生きていける人間となる。「人間としての成長」を目的として会社経営を行っていきます。

そして、理念に共感頂き、共に「人間としての成長」を志す社員には、株式会社創は最大限、その人の役割を見出し、その価値を活かして頂ける場を提供し続けることを誓います。

ですから、会社は利益得るために存在するのではなく、利益はこの理念経営の実践の場を進化、発展、継続、させていくための手段である。私たちの給料もしかり、給料をもらうために働くのではなく、すべてに喜ばれる存在、自分の力を分かち合い調和のとれる人、今在る事に感謝できる人に成長していくための手段である。

お客さまに対しても、どうやって儲けようかと考えるのではなく、どうやって喜ばれるかをだけを常に考え実践する。社内で共に働く仲間やビジネスパートナーとも自分の持てる力量や才能でどうやってお役に立てるかを常に考え実践する。

さらには、理念に共感していただき、共に人間としての成長を目指すすべての人を「良き仲間」と呼び、良き仲間が集い、学び、遊び、体験し、イノベーションを興し、お互いが笑顔で心豊かになる場つくりが最大の実践テーマとなります。




とは言っても、

 どうやって実践するか、
 行動に移すか、
 習慣化するかが、

一番の問題ですけれど(^^::





最後までお読みいただきありがとうございます。




2011年11月19日(土)更新

イノベーションを興す「場」つくり!

日本企業にいま大切なこと (PHP新書)
日本企業にいま大切なこと (PHP新書)


昨日は名古屋で開催されました、株式会社富士通総研「実践知研究センター(センター長:野中郁次郎氏)」さんの主催のセミナーで、製造業のWEBマーケティングのお話と、e製造業の会での取り組みをお話しさせて頂きました。

実践知研究センターさんでは、今後、実践知によるイノベーションの”場”つくりを推進していかれるそうで、そんな中、私どものささやかな取り組みを評価して頂き、今回の”場”が実現しました。

実践知って、聞きなれない言葉ですが、「実践の現場で適切な判断をくだすことができる能力。現場統率力。」って感じでしょうか?


私に実践知があるかどうかは置いておいても(^^;;

確かに、e製造業の会をはじめ、私の周りにいて下さる方々は、とても優秀で面白く、且つ行動派である。


昨日は、私の他に、実践知研究センター・センター長補佐の浜屋さんがお話され、共通善、三方良し的に、地域全体や業界全体で、成長できる活性化できる”場”つくりの必要性、重要性を説かれました。


おかげさまで、今まで漠然としていた”場”つくりの大切さと、今まで集って頂いている良き仲間に改めて感謝の思いでいっぱいになりました。ありがとうございます。


これからは、e製造業の会を始め、携わらせて頂いているさまざまな”場”において、それぞれ個々に持っておられる特徴・得意技・個性などの価値を集めることによって新たなイノベーション(海外展開・新商品開発・新サービス開発・・・などなど!)を起こしていけるような活動に力を入れて行こうと決意させて頂きました。


本当に素晴らしい”場”と”機会”をありがとうございました!






2011年11月17日(木)更新

BtoB営業スペシャル!~リアル営業からWEB、Facebook活用まで~

20111117_3.jpgBtoB営業スペシャル!~リアル営業からWEB、Facebook活用まで~


2011年e製造業の会、締めくくりは、BtoB営業&大望年会で楽しみましょう♪


新規顧客の獲得をしなければいけないと思いながらも
何から手をつければいいのかわからないという企業は多いはず。


 ・新規開拓をする前に知っておくこと
 ・ホームページから問い合わせがあった後に
  どんなアクションをすればいいのか
 ・ホームページ以外にどんな営業方法があるのか
 ・自社にはどんな営業方法がマッチするのか


BtoBの営業を20年以上続けてきた坪内利文さんが、BtoB営業の基本をわかりやすく解説します。

さらに、村上肇も「BtoB営業に効くFacebook活用!」についてお話します。
Facebookについて語るのは初めてですので、期待はせずにお楽しみ下さい(^^)


  ◎日時:

  2011年12月16日(金) セミナー:14時00分~17時00分
                  望年会 :17時30分~20時00分
 
  ◎セミナー会場:大阪産業創造館 5F 研修室E

     住所:〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
     電話:06-6264-9800(代)
     アクセス:http://www.sansokan.jp/map/

  ◎講師:株式会社アイティ総合研究所
       取締役 坪内利文氏

       e製造業の会 村上 肇


  ◎望年会会場:G.Baccano (ジィバッカーノ)
         〒541-0046 大阪市中央区平野町2-6-11
         06-6223-0008
         http://www.g-baccano.com/


  ◎主催:e製造業の会・滋賀eビジネス道場(株式会社創)

  ◎定員:50名


---------------------------------------------------------------------
 ※詳細お申し込み⇒ http://factory.e-b2b.jp/seminar/20111216/
---------------------------------------------------------------------


【スケジュール】
  
 ・14時00分~15時30分 講演

   20年の営業キャリアで語る!BtoB営業の真実!!

   講師:坪内利文氏


 ・15時45分~16時15分 講演

   BtoB営業に効くFacebook活用!

   講師:村上 肇


 ・16時15分~17時00分 質疑応答、ディスカッション

  ホンマはどないやねん?
  BtoB営業の勘所を突っ込もう!!

   パネラー:坪内利文氏、村上 肇



 ・17時30分~ 大望年会


■セミナー概要


 BtoB営業の基本を知ろう!
 他社がやっている営業手法を知ろう!


◎顧客を知る
・ターゲットを明確にする
・ターゲットの立場で考える
・顧客の欲求と悩みを知る


◎自分の会社に合う営業方法を考える
・既存顧客と新規開拓
・どんなアプローチ方法がある?
・自分に向いているアプローチ方法は?


◎営業の前にやること
・自社の強みで特化する
・仕組みを作る
・社内体制を整える
・人を育てる


◎営業テクニックを磨く
・第一印象が大切
・スピードが大切
・説得するのではない
・ロープレ
・怖がらない
・まずは行動
・最後は人とのコミュニケーション


◎常に見込み客を作る
・4ステップマーケティング
・常に見込み客を開拓する
・見込み客とつながる


◎やっぱりインターネット
・ホームページを有効利用する
・先生になる
・相乗効果をを生む


◎よいパートナーを作る
・お客様はパートナー
・既存顧客を大切にする
・パートナーの利益を考える
・お客様とのよい関係


---------------------------------------------------------------------
 ※詳細お申し込み⇒ http://factory.e-b2b.jp/seminar/20111216/
---------------------------------------------------------------------


みなさん、大いに学び、楽しみ、騒ぎましょう!!
ご参加心よりお待ちしております。
ありがとうございました!






2011年11月16日(水)更新

すべてに喜ばれる!

20111116_2-550x0.jpg愛犬のゲンキです!

皆さん、どうぞ宜しくお願いいたしますm(_ _)m


家に帰ると必ずシッポをふって大喜びで迎えてくれます。


喜んでくれるから、単純にこちらもとても嬉しい。



人間というのは、「喜ばれると嬉しい」という3つ目の本能があるという。


まさに、その通りである。


ただ、これが人間関係になってくるとこう単純には行かないのが難しいところだ。


 どうしても自我が出る。
 相手に期待してしまう。
 人のせいにしてしまう。


こんな未熟な私が、少しずつでもこれらを乗り越え成長し、

 「すべてに喜ばれる存在」

へ、挑み続けようと、かたく思う。


しかし、未熟なんで良き仲間募集中です(^^)

奇特な貴方!共に歩んで頂けませんか?







2011年11月15日(火)更新

なぜ、我々はマネジメントの道を歩むのか

なぜ、我々はマネジメントの道を歩むのか 人間の出会いが生み出す「最高のアート」
なぜ、我々はマネジメントの道を歩むのか 人間の出会いが生み出す「最高のアート」


ここ1~2ヶ月、風の流れ、水の流れを感じるといいますか、凄くワクワクするすることが多い。


先日のOSMC会長の森本さんの話、ソーシャルマジシャン坂田さんとの出会い、滋賀の杉本総合会計@杉本さんのセミナー、整体で滋賀を変える@加登光朗さんの施術・・・

などなど、おかげさまで、様々な巡り会いが私をワクワクさせて下さいます。


これはもう、「風流マーケティング」の実践者としては、またと無いチャンスと思っています(^^)


そんなときに、今日またまた素敵な出会いがありました。

冒頭の書籍「我々はマネジメントの道を歩むのかby田坂広志さん」です。

(しかも、ブックオフ、105円の出会いです申し訳ない(^^;;;)



田坂さんの著書は何冊も読ませて頂いていますが、「我々はマネジメントの道を歩むのか」は、今の私にとって、最高に勇気を与えて下さる一冊となりました。


5年前から・・・

 戦わない、奪わない、競わない。

 今在る事に感謝する、協力し合う、関わるすべてに喜ばれる。



こうした理念の基、会社経営をしていきたいと

半信半疑で歩み始めて5年。


田坂広志さんは、この著書で、言い切っておられます。

マネジメントの目的とは?

 「人間としての成長」であると。


そう、事業はいつか行き詰ることもある、時代に会わなくなることもある、巣立っていく社員もパートナーいるだろう。

でも、「関わるすべてに喜ばれる」を理念とするならば、今の仕事や事業がなくなっても、巣立っていっても、何があっても力強く生きていける人間力を築く「人間としての成長」を目的としての会社経営を真正面から行っていこうと決意させて頂きました。


これからの先が見えにくい時代、混沌とした時代に、5年間の亀の歩みではありましたが、その実践を肯定頂けることが、いくつも続くことは本当にありがたいことです。



ありがとうございます。
心より感謝いたします。


みなさん、新たな時代への準備は出来ましたか?





次へ»

20141009bnr.jpg

会社概要

『中小企業(製造業/BtoB)に利益をもたらす!  インターネット活用セミナーとホームページ制作の会社です。』 ▼3つのミッションで躍動しています! ・モノづくりとインターネットの融合で新たな価値を創造し、日本のモノづくりをカッコよく、元気にすること。...

詳細へ

個人プロフィール

1962年3月生まれ滋賀県出身日本のeビジネス、特にB2B、ECのパイオニアとして、中小製造業のインターネット活用に新たな道を開拓した。1997年、町工場WEBマスターとなり、1999年、マグネットワールドオープン。当時製造業では唯一日経ECグランプリを受賞するなど中小製造業がネットで成功でき...

詳細へ

バックナンバー

<<  2011年11月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント一覧

最新トラックバック

  • まかせたろ 映画【レ・ミゼラブル】を語る from (株)京都工芸 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 先日、158分の大作【レ・ミゼラブル】を観てきました。 ヴィクトル・ユーゴー氏がロマン主義フランス文学の大河小説として 1862年に書いたものを映画化されています。 学校の教科書を通じてジャン・バルジャンの名前は遠く記憶に 焼き付いており日本ではミュージカルとしてあまりにも有名な 作品であります。 冒頭
  • ~がんばる中小企業のための展示会活用コミュニティ~からのヒアリング from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    有限会社マルワ什器の大島節子 社長が、中小企業が展示会を活用してもっと儲かってもらいたいという思いから、中小企業の経営者や展示会担当者同士の成功事例を共有し、展示会の準備・運営・フォローの方法を学びあうと、展活(テンカツ)~がんばる中小企業のための展示会活用コミュニティ~を今年の5月に立ち上げました。 その大島社長さんが10月5日に株式会社創の村上肇社長の運営しているe製造業の会との共催で展
  • 展示会見学ツアー & 活用事例報告会でパネリストに from ベローズ・ラボ ☆ベローズ案内人☆
    三元ラセン管工業がベローズを出展する第15回関西機械要素技術展の最終日10月5日に展示会見学ツアー & 活用事例報告会を株式会社創の村上肇社長が主宰しているe製造業の会の主催でマルワ什器の大島節子社長の主催する展活「がんばる中小企業のための展示会活用コミ...
  • モールアーチスト キタナカアツシ from (株)京都工芸 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 人を集める仕組みを学び 自社商品、サービスのファンを作る と題して滋賀でモールアーチスト キタナカアツシさんの 講演を拝聴に伺った。 独創的な世界をアーチストとして持ち続けるキタナカワールドに 2時間どっぷりと浸らせていただきました。 モールアートは以前から一度ブームがあったがそれ以降は 注目
  • ニュートップリーダー発刊3周年記念・特別講演会に行ってきます。 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    中小企業経営者向けに出版している「ニュートップリーダー」の発刊3周年を記念し、エヌ・ジェイ出版販売と日本実業出版社の共催による特別講演会がヒルトンプラザウエストで開催されるので行ってきます。 社員の潜在パワーを引き出す