大きくする 標準 小さくする
次ページ

2011年12月30日(金)更新

よろこび上手

生きるヒント―自分の人生を愛するための12章 (角川文庫)
生きるヒント―自分の人生を愛するための12章 (角川文庫)


お正月に読もうと思って買った本が何冊かありますが、
五木寛之さんの「生きるヒント1」を少し読み始めると
とても共感する内容が冒頭から書かれていましたので
これを今年最後の投稿としようと思います。


<よろこび上手>

とは、表現のテクニックではない。
よろこぶ、という一点において上手か下手かということです。

この暗愁にみちた人生をはげましてくれるものは、日々のよろこびです。
それ以外にはありません。


・・・中略・・・

以前、一日に一回よろこぼう、と考えたことがありました。ちょうど男の更年期にあたる時期で、毎日がとてもしんどく感じられたころのことです。一日に一回、どんなことがあってもよろこぶ。そう決意しました。

そして、それを手帳に書くことにきめました。そのために新しい日付入りのて手帖を買いこんだのです。

さて、あらためて一日の中で心がキラッと光るような、よろこびの瞬間を集めようと意識してみますと、これがなかなかにむずかしいものなんですね。

しかし、日がたつにつれて、少しずつ慣れてきました。あまり大きなよろこびだけをみつけようとするから戸惑うのだとわかってきたのです。実際にそのころ、手帖に書きつけたよろこびのコレクションは、今読み返してみますと、じつにたあいのないものばかりであるのに驚きます。


たとえば、

「きょう新幹線の窓際の席にすわってので、富士山が真正面に良く見えた。うれしかった」

などと走り書きしてあります。

「デパートで買ったボールペンが、じつに書き心地がよい。とてもうれしい」

だとか、

「いつになくネクタイが一回で形よく結べた。こんなにうまくいくなんてめったにないことだ」

「小松空港で鱒寿司を買おうと売店にいったら、最後の一箇が残っていてラッキーだった。うれしかった」

「BBC制作のテレビ・ドキュメンタリーがすばらしかった。いいものを見た」

などなど。


比較的多いのは、恥ずかしながら食べもののことです。安くて旨いものに出会って、しきりに感激しています。人間とは入れて出す存在である、などという言葉があるくらいですから、しかたないですね。

こんなふうに、その気になってよろこぼうと身構えていますと、よろこびはおのずからやってくる感じがある。よろこびたい心の触手を大きくひろげて待ちかまえていることが大事なんですね。

・・・中略・・・

よろこぶ、というのも一つの習慣なんじゃないでしょうか。それに習熟することが必要な気がするのです。

・・・中略・・・

私たちは、よろこびをもって生きたい。それを持っているだけではなく、自分からさがし出すことに慣れなければならない。どんなにつまらないことであってもいい、それをきょう一日の収穫として大事にしたい。

<よろこび上手>こそ苦しい世に生きてゆく智恵なのだ、とぼくは自分の体験から思うのです。



いかがでしょうか?

五木寛之さんほどの大作家であれば、印税で何不自由ない暮らしだろうと推測できますが、そんな五木さんの「よろこび手帖」には何だかうれしくなりました。

人間って、どんな人であっても、自分から、よろこびや幸せを感じる意外には、よろこびを得ることは出来ないんだ。
年収の問題ではないんだ(^^;;


<よろこび上手>

今年の最後にとっても素敵な言葉を頂きました。
五木寛之さんありがとうございます。

これから、小さなよろこび、小さな幸せを積み重ねて人生を素敵にして生きたいと思いました。


皆さんは、よろこび上手、ですか?



さて、今年は9月よりブログを少し真面目に継続してきました(^^;
たくさんの皆さんにお読み頂き本当にありがとうございます。
心より感謝いたします。

来年も、地道に書いていきますので、気が向いたら読んでやって下さい。


 
寒い日が続きますが、お身体ご自愛頂き、
穏やかで、心豊かなお正月をお迎え下さい。


ありがとうございました。

                      むらかみ はじめ





2011年12月28日(水)更新

吾唯知足

20111228_3-550x0.jpg※水戸光圀が寄贈したと言われる、京都 龍安寺の「知足のつくばい」。


さて、株式会社 創 の2011年の営業は本日で終了させて頂きます。
今年も一年ありがとうございました。
来年の営業は、1月5日よりスタート致します!


今年は、本当に色々大変な出来事がありましたが、お陰さまで一年無事にお仕事させて頂けました。
皆さんのご支援、ご協力に心より感謝いたします。
ありがとうございます。



会社の業績も、大震災・円高・欧州金融不安など、この社会情勢の中ですが、お陰さまで黒字計上出来る事となりました。

また個人的には、4万人ものご来場頂けるビッグイベントとなりました「牛肉サミット」の奇跡の開催もありました。

しかしながら、様々な出来事すべてが、自分の力ではなく、家族・社員・スタッフ・パートナー・お客さまなど、関わって頂きました全ての方々の、お力があっての事と、今年は特に感じる事が出来ました。

本当にありがたいことです。


「われ、ただ、足るを知る」といいますが、本当に恵まれていることに感謝です。

満足してしまうと、成長が出来なくなるともいわれますが、今あること、今満たされていること、今恵まれていることに、まず感謝できる人間、すべてがお蔭さまと思える人間に、成長したいな。と思います(^^)

なんだか禅問答のようですが、2011年を振り返って浮んだ言葉が、足るを知る「吾唯知足」でした。


皆さん、今この瞬間、満たされていますか?


最後までお読みいただき、ありがとうございます。





2011年12月27日(火)更新

リア充?!

中学3年生の娘から「リア充」と言う言葉を聞いた。


現実の生活が充実している事をいうらしい。
恋愛、仕事、遊びなど現実が充実していて、ネットやゲームに依存していない人々の事のようだ。

詳しくは→ http://ja.wikipedia.org/wiki/リア充



リア充は、特にネット依存との対比語としての位置付けのようですが、そもそも現実が大切な事は、当たり前なのだが、リア充などという言葉が出来るくらいネット依存症の人が増えてきている事への警鐘なのだろう。


どうしても人間とは弱いもので、何かに依存してしまう傾向は昔からある。

 ・ギャンブル依存
 ・デイトレード依存
 ・パチンコ依存
 ・アルコール依存
 ・宗教依存
 ・ニコチン依存
 ・薬物依存
 ・買い物依存
 ・借金依存
 ・摂食依存
 ・性依存症

などなど・・・(私もいくつか心当たりがぁ(^^;;)

あげてみると沢山有りますが、さらにインターネットの登場で依存科目が増えたわけです。



取り分けFacebookなど、ソーシャルメディア系のサービスは、依存しやすくなるので注意が必要です。

インターネットは、確かに優れたメディアで、中で動くサービスも便利で役立つので手放せないものではあります。


しかし、ネットを活用すること、使いこなすことと、依存してしまうこととは大きな違いがあります。


 ・必要に応じて、google等で検索して情報を得る。
 ・必要に応じて、メールやFasebookで友達と連絡をとる。
 ・必要に応じて、ビジネス情報を発信する。

など、ネットを必要に応じて、自主的に活用しているかが大切ですね。


 ・1日メールが一通も来ないので心配になる。
 ・Fasebookやtwitterが、24時間気になる。
 ・自社サイトの検索順位がいつも気がかり。

など、こういう兆候は、依存への道につながりますから注意しましょう。


インターネットの活用をビジネスにしている私などは、取り分けしっかり意識していないといけないと改めて感じました。


何のためのインターネットかと言えば、現実の生活やビジネスを豊かに、充実させることが目的ですから、本末顛倒とならないように、しっかり、目の前の人、仕事に、役立ち喜ばれるように精進して行きましょう。


みなさん、「リア充」していますか?


最後までお読み頂きありがとうございます。





2011年12月25日(日)更新

犬助け

20111225_2-550x0.jpg12月23日午後6時19分、地元の友人から携帯に電話がかかる。

「うちのジョン(ボーダーコリー)が脾臓破裂で、緊急手術。血液が足りないので、ゲンキくんに輸血してもらえないか?」

との、緊急事態の話しだったので、急いで帰宅して、娘と一緒にゲンキを連れて、車で20分ほどの動物病院に向かう。


(そうそう、ジョンとゲンキはドックランでよく遊んでいる親友同士である。)


犬種が違っても輸血できるの?

とか、

血液型合うの?

とか、いろいろ疑問はあったが、病院から呼んでいるのだから、輸血できる可能性の高い話しなのだろうと道を急いだ。



電話をもらってから、1時間ほどで病院到着。

すでに、他の犬(ゴールデンリトリバー)の輸血を得て、手術は始まっていた。

友人と奥さんが待合室で不安そうな表情で待っていた。

そこに、ゲンキが無邪気にシッポを思いっきり振ってご挨拶に突進(^^;
思わず、友人と奥さんから笑顔がもれる。

さらに、じゃれまくる、ゲンキ。
「おまえ、空気読めよ!」と、娘がゲンキに小声でお説教(^^;;


そうこうしているうちに、ゲンキの血液が輸血可能か、血液検査のための採血。
検査結果は、血液型は一致し、血液は8歳を過ぎているとは思えないほどの健康状態。(私も一度でいいからこんな結果をもらいたいと、心の中でつぶやく(^^;;)


ということで、輸血OKとなり、早速輸血用の採血が始まる。

私と娘はいない方が良いだろうと、院長の支持で待合室で待つことに、すりガラス越しにみると何を喜んでいるのか、シッポを振りまくるゲンキの姿が・・・

4人の若い女性の看護師さんや女医さんに押さえられるハーレム状況を喜んでいたのかも知れない(^^;


そしておよそ30分、約400CCの血液を採血されて出てきたゲンキが上の写真である。

本人は、どんな感想なのか知ることが出来ないが、ゲンキの血液で一命を取り留めたジョン君は、翌朝には餌をガッツリ食べられるまで快復してくれた。

本当に良かった!

ゲンキに感謝!
ありがとう!!!






2011年12月22日(木)更新

宇宙人の話(^^;

未来は、えらべる!
未来は、えらべる!


12月21日に、e製造業の会会員でもある坪内利文さんが、アイティ総合研究所から、めでたく独立創業されました。

まずは、坪内さんおめでとうございます!
これからは共に経営者として、ビジネスパートナーとして宜しくお願いします。


そんな坪内さんと最近何度かお話していると、

いや、酔っぱらってくるとが、正解か(^^)

宇宙人”バシャール”の話を楽しそうにされるので、興味を持っておりましたところ、そのネタ元である本を紹介頂いた。


それが、バシャールと本田健さんの対談本「未来は、えらべる!」でした。


さすがに、バシャールは宇宙人だけあって、話が難解ではありますが(^^;

 ・毎瞬、毎瞬、一番ワクワクすることを選ぶ
 ・人生には、生まれる前につくった「脚本」がある
 ・お金は絶えず動かすもの


など、共感できるところも多々ありました。

結局のところ、バシャールも最後に言っているのですが

「私たちは、神によってつくられたのではありません。
 私たちは、神の一部なのです。」


これは、神道でいうところの「御霊分け」であり、仏教では「内在の仏(ほとけ)」であり、キリスト教では「内なる神」といわれていることと一致します。


この本では、すべての選択をワクワクするかどうかで選びなさいと言っているのですが、これは、自分の心の中奥底に眠る、みんなそれぞれに持っている「神」(創造主・サムシンググレート・・・)の意思に従って、素直に生きることの大切さを説いていると思います。


昨日のブログに書いた”幸せ”も、今日の”ワクワク”も、こういうキーワードはとっても大きな出来事だけをイメージして、ふだん忘れてしまっているところがありませんか?

 年末ジャンボで3億円当てる!
 売上でギネス達成!
 志望校に合格!
 大好きな人と結婚!
 ホノルルマラソン完走!

などなど、自分で設定した大きなイベントや出来事で目標が達成したり、ラッキーなことが起こったときだけ、”幸せ”や”ワクワク”を感じていることはないでしょうか。


バシャールは、そうではなく、日々、その一瞬一瞬をワクワクする方向で選択し、行動することが、自分の中にある「神」の意思通りに生きることになり、これを実践することで、喜びに満ちた幸せな人生をおくる唯一の方法と言っていると思いました。


みなさん、今この瞬間!ワクワクしていますか?


最後までお読みいただきありがとうございます。





2011年12月21日(水)更新

幸せの習慣

20111221_2-550x0.jpgほぼ毎朝、花の写真を撮り始めて、2回めの冬を迎えました。


だんだん道端に咲く花、お庭に咲く花も少なくなってきましたが、2年も続けていると、私の目は自然に花を観つけてくれるようになりました。


どこを歩いていても、キレイな花が目に留まるんです♪


これって、ちっちゃな事ですが、毎日をとても幸せな気分にしてくれています。


花の写真を、携帯カメラで撮って、twitterやFacebookに写メールでアップするのが朝の日課なのですが、この習慣がとても良い(^^)


 花を観つけて写真を撮る
     ↓
 写メールでネットに公開
     ↓
 「いいね!」や「きれいですね」とかコメントが頂ける
     ↓
 こちらも嬉しく幸せ気分になれる
     ↓
 花が自然に目に留まるようになる
     ↓
 毎日が、嬉しい、楽しい、幸せ気分になる!



こんな素敵なサイクルが私の中では回っているのです。

ですから、「よく毎日お花見つかりますね」とか「毎日アップするの大変ですよね」などと言われることがありますが、全然大変ではありません。


喜ばれると嬉しいので、どんどん続けて習慣にしてしまうと、全く苦にならないどころか、毎日花に囲まれて過ごしておられる花屋さんのごとく、とっても幸せになれるのです。


私は、「幸せ」という、決められた現象は無いと思っています。
これが「幸せ」で、これは「不幸せ」という決まったモノや現象はなくて、自分がどう感じて生きるかだけだと思うのです。


そう考えると、何げなく始めた「花を撮って公開する」習慣が、無意識のうちに自然にキレイな花に目を向けさせてくれて、幸せな気持ちにしてくれる、とても有難い状況を生み出してくれました。


 幸せの習慣に感謝!

 花に感謝!

 いつも、「いいね!」やコメントを下さる、素敵な幸せ仲間に感謝です!!



ありがとうございます♪


皆さんは、幸せの習慣をお持ちですか?


最後までお読み頂きありがとうございます。





2011年12月19日(月)更新

「他喜力」伸ばそう~っと!

他人を喜ばすと、幸運が押し寄せる! 他喜力
他人を喜ばすと、幸運が押し寄せる! 他喜力


西田文郎(にしだ ふみお)さんのお名前は・・・

北京オリンピックでは金メダルを獲得した、女子ソフトボールチームの指導された方とか、ビジネス界では、パナソニックやNTT、JPモルガンなどの大企業の指導などなど、日本におけるメンタルトレーニング研究・指導のパイオニアとして存じ上げていましたが、著書を読ませて頂くのは初めてでした。


amazonで友人お勧めの本を検索していたら、こちらもお勧め!といわゆるamazon商法に、まんまとハマッテ買ってしまったのが、この『他喜力』です(^^;


しかし!

『他喜力』ホントに素敵な本で、この出会いに心より感謝しているところです。
友人とamazon、西田さんに感謝です!(^^)


もともと、戦わない経営では、「関わるすべての人に喜ばれる存在」になることを目指して、日々実践してきていますので『他喜力』はとても響く造語です。


そして響いた内容は以下です・・・

 ○天才と凡人の違いは「人を喜ばす」かどうか
 ○世の中は人を喜ばす人が勝つ仕組みになっている
 ○「他喜力」があれば、どんな悪い立地でも、人気店になれる
 ○一流の人は「魅せる技術」をつねに磨いている
 ○恐るべし! なでしこジャパンの「他喜力」
 ○努力には、してもいい努力としてはいけない努力がある
 ○全員にゴマをすると「ゴマスリ人間」にならない



さて、『他喜力』伸ばそ~~っと♪


皆さんは、人を喜ばせる力を磨いていますか?



最後までお読みいただきありがとうございます。




2011年12月16日(金)更新

”絆”も良いけど「和」が好きです♪

2011年の今年の漢字は”絆”に決まりましたね。

絆も良かったんですが、私個人的には「和」も良かったのではないかと思います。

母親の名前が「和子」だからかもしれませんし(^^;
聖徳太子の以和為貴(和を以(も)って貴(とうと)しとなす)も、会社の理念に取り入れて実践してきたからかもしれませんが、震災後のこれからの時代は「和」がとても大切なキーワードになると思えてなりません。


「和」を頭文字に使った四字熟語にも素敵な意味のものが多く共感するところです。


【心和む10の四字熟語♪】

◎和顔愛語(わがんあいご)

 なごやかな表情と親愛の情がこもった言葉づかい。親しみやすく暖かい態度のこと。


◎和気藹藹(わきあいあい)

 人々が仲良く、和やかな気分がいっぱいに満ちたさま。和気藹々。


◎和敬清寂 (わけいせいじゃく)

 穏やかで、慎み深く静かで落ち着いていること。


◎和羹塩梅(わこうあんばい)

 主君を助けて、国を治める宰相・大臣のこと。


◎和光同塵(わこうどうじん)

 賢人が自分の才智を目立たないようにして、俗世間と調子を合わせること。


◎和魂漢才(わこんかんさい)

 日本固有の大和心の精神と、「中国伝来の学識」を兼備するたとえ。


◎和魂洋才(わこんようさい)

 日本固有の精神と西洋の学問。また、その両者を兼ね備えていること。


◎和衷共済(わちゅうきょうさい)

 心を合わせ助け合う。一致協力して仕事をすること。


◎和衷共同(わちゅうきょうどう)

 心を通わせ共に力を合わせて物事に対処すること。和衷協同。


◎和風細雨(わふうさいう)

 穏やかに吹く風と、静かにそぼ降る雨。
 人の過ちや欠点を改めるのに柔和な態度、方法でのぞむことのたとえ。




如何でしょうか。

「和」って、いい感じではないでしょうか?


2012年は、「和」の心が広がり、心和む一年になるといいなと思います。


皆さんは今どんな漢字一文字が思い浮かびますか?




最後までお読みいただきありがとうございます。






2011年12月13日(火)更新

コマーシャル写真技術はFacebookで活きる!

20111212_9.jpg私は、小畑 章さん((株)理念系映像集団・Studio Fit代表)に、デジカメ撮影や写真のことを何度も教わっています。(出来が悪い生徒ですみませんm(_ _)m)

いつも、ありがとうございます。



そんな中、以前のお話しで、集合写真や風景写真などの趣味の写真じゃなくて・・・


 コマーシャル写真「商品写真や製品写真」で、
 一番大切なことわかりますか?



と、質問されたことがあって、確か答えが

 
「シンプル&インパクト」


であったと記憶しています。(小畑さん違ってたらコメント下さい(^^;;)



つまり、ポスターやチラシなどに商品写真を掲載したとき、如何に消費者の目を惹きつけるか、振り向かせるか、印象に残すかが、商品写真の最も大切な役割となるからだと思います。


ただ、WEBサイト(ホームページ)の場合は、ある程度の語弊を承知で書くとすれば、写真で振り向かせるほどのインパクトが必要とは考えていませんでした。


何故なら、WEBサイトは基本的にお客さま(ユーザー)が、明確な意思を持って、検索エンジンなどを使って探してきてくださる場所(間接的なアクセス)ですから、必要以上のインパクトより、淡々とといいますか、ベタにストレートに伝われば良いと考えてきました。



しかし、FacebooKをはじめとするソーシャルメディアでは、今までのWEBサイトのように明確な意思を持ち間接的に繋がる見込み客ではなく、すでに直接繋がっている友人・仲間に情報が届く仕組みですから、小難しいコンテンツやタイトル文字よりも、写真(画像)でまずは「目を惹きつける」「振り向いてもらう」ところがとても重要になると感じています。


実際の事例で言えば、こうして時間をかけて書いたブログ記事より、草花の写真やゲンキの写真一枚のほうが、遥かに「いいね!」が数多く押されることで証明されています(^^;;


 「それは、文章がヘタクソだからでしょ!」

という、突っ込みは不可です!!(涙)



ということで、みなさん、
「シンプル&インパクト」な写真撮影を心がけましょう(^^)


20111212_14-550x0.jpg


最後までお読みいただきありがとうございます。だ、ワン!







 ◎今年最後のセミナー!Facebookについても語りますよ~~っ!!12月16日【大阪】
   ⇒ BtoB営業スペシャル!~リアル営業からWEB、Facebook活用まで~

2011年12月12日(月)更新

モノの見え方、見方って面白い(^^)

可愛い♪ 「くしゃみ顔」

20111212_5-550x0.jpg如何でしょう。
この写真・・・

クシャミしているように見えませんか?


でも現実は、道端に咲くビオラの写真でしかありません。


ビオラを解説しても、

「スミレ科の1年草。原産地は北ヨーロッパ。季節は12~6月。花の色は、黄、紫、青、白。」

って、ことです



可愛い♪ 「くしゃみ顔」

という言葉を読んでから写真を見ると、「くしゃみ顔」にしか見えなくなったり、「可愛い~~♪お花」と、ウキウキした気持ちにさせてくれたりと、意識の向け方で見え方が変わるのが人間のようです。

ということは、何事においても、モノの見方、現象の捉え方は、自分自身の意識の向け方で決まるのではないでしょうか。


 可愛い!
 キレイ!
 くしゃみ顔、面白い!笑える(^^)
 癒される♪
 美しい。
 明るい!
 楽しい!!

と、言うように、

自分で、幸せの方向へ、楽しい方向へ、うれしい方向へ


いつも意識を向けておくことが、素敵な人生をつくる方法なのだと思います。


ちなみに、ビオラの花言葉は・・・

 「誠実な愛」「信頼」「忠実」「少女の恋」

だそうです。

素敵ですねぇ♪


あなたの意識はどこに向けていますか?


最後までお読み頂きありがとうございます。




次へ»

20141009bnr.jpg

会社概要

『中小企業(製造業/BtoB)に利益をもたらす!  インターネット活用セミナーとホームページ制作の会社です。』 ▼3つのミッションで躍動しています! ・モノづくりとインターネットの融合で新たな価値を創造し、日本のモノづくりをカッコよく、元気にすること。...

詳細へ

個人プロフィール

1962年3月生まれ滋賀県出身日本のeビジネス、特にB2B、ECのパイオニアとして、中小製造業のインターネット活用に新たな道を開拓した。1997年、町工場WEBマスターとなり、1999年、マグネットワールドオープン。当時製造業では唯一日経ECグランプリを受賞するなど中小製造業がネットで成功でき...

詳細へ

バックナンバー

<<  2011年12月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメント一覧

最新トラックバック

  • まかせたろ 映画【レ・ミゼラブル】を語る from (株)京都工芸 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 先日、158分の大作【レ・ミゼラブル】を観てきました。 ヴィクトル・ユーゴー氏がロマン主義フランス文学の大河小説として 1862年に書いたものを映画化されています。 学校の教科書を通じてジャン・バルジャンの名前は遠く記憶に 焼き付いており日本ではミュージカルとしてあまりにも有名な 作品であります。 冒頭
  • ~がんばる中小企業のための展示会活用コミュニティ~からのヒアリング from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    有限会社マルワ什器の大島節子 社長が、中小企業が展示会を活用してもっと儲かってもらいたいという思いから、中小企業の経営者や展示会担当者同士の成功事例を共有し、展示会の準備・運営・フォローの方法を学びあうと、展活(テンカツ)~がんばる中小企業のための展示会活用コミュニティ~を今年の5月に立ち上げました。 その大島社長さんが10月5日に株式会社創の村上肇社長の運営しているe製造業の会との共催で展
  • 展示会見学ツアー & 活用事例報告会でパネリストに from ベローズ・ラボ ☆ベローズ案内人☆
    三元ラセン管工業がベローズを出展する第15回関西機械要素技術展の最終日10月5日に展示会見学ツアー & 活用事例報告会を株式会社創の村上肇社長が主宰しているe製造業の会の主催でマルワ什器の大島節子社長の主催する展活「がんばる中小企業のための展示会活用コミ...
  • モールアーチスト キタナカアツシ from (株)京都工芸 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 人を集める仕組みを学び 自社商品、サービスのファンを作る と題して滋賀でモールアーチスト キタナカアツシさんの 講演を拝聴に伺った。 独創的な世界をアーチストとして持ち続けるキタナカワールドに 2時間どっぷりと浸らせていただきました。 モールアートは以前から一度ブームがあったがそれ以降は 注目
  • ニュートップリーダー発刊3周年記念・特別講演会に行ってきます。 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    中小企業経営者向けに出版している「ニュートップリーダー」の発刊3周年を記念し、エヌ・ジェイ出版販売と日本実業出版社の共催による特別講演会がヒルトンプラザウエストで開催されるので行ってきます。 社員の潜在パワーを引き出す