大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


素直な心と運命。

投稿日時:2013/03/11(月) 16:19rss

201303071601_1-550x0.jpg

先日、松下幸之助さん研究家の「尾畑やすひろ」さんをお招きして、e製造業の会で勉強会を開催いたしました。

※尾畑さんのブログ⇒松下幸之助 宇宙法則情報ノート

滋賀県大津市のパナソニックショップ(町の電気屋さん)に勤めながら、幸之助さんの著書を50冊以上読み込み、毎日ブログやメルマガにまとめて発信し続けて500回超。

さまざまなエピソードを交えながらお話しいただいた内容は目からウロコの大変面白く役立つものでした。


中でも、幸之助さんの運命的数字の話や、以下の”人生のレール”の話・・・

人生をいうものを考えて、幸之助さんはこのように語ります。
「神さまからご覧になれば、ひとりひとりの一生は、あたかもレールの上を走る電車のように、ちゃんと決まっているのかもしれない。しかし、あなたもわたしもそのことがわかりません。
まるで、ひどい濃霧のかかっている中をのろのろ運転しているようなものです。」

別の機会では、人生の運命は80~90%は決まっていて、その運命に乗ることが人間にとっても成功であり、幸せだと言う幸之助さん。

しかし、簡単には自分の運命はわからないようになっていて、それを探すところに面白味があるとも言います。
そこで、日々の生活をどのように考えるか、このように言います。

「たとえ3センチ先がわからなくても、わたしたちはわたしたちなりの努力をしなければならない。
人事をつくして天命を待つといいます。
なににつけても、みずからの最善をつくして生きていくことが、人間としての尊い姿だと思います。
そうすることが、悔いのない人生というものでしょう。」

先が見えないからこそ今、自分に出来ることを無理なくやりきることが大切です。
たとえ、うまくいかないときがあったとしても、“それもまた良し”と大きく構える心が必要だと言います。

「悪いときが過ぎれば、良いときが必ずやってくる。
ですから、春を待つ桜の姿のように、じっとしんぼう強く時期を待つことが大切なのです。」

人生を生きる言葉として、幸之助さんは以上のように語ります。


にとても心打たれました。

運命を素直に受け入れ、最善を尽くして生き、どんな結果であっても”私は運が良いと”素直に受け入れる。

少しづつ実践していきます!

尾畑さん、素晴らしいお話を、ありがとうございます。






 

トラックバック一覧

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
902dc75c9593e43ee280a3d37c65cae2.png?1495515849
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

会社概要

『中小企業(製造業/BtoB)に利益をもたらす!  インターネット活用セミナーとホームページ制作の会社です。』 ▼3つのミッションで躍動しています! ・モノづくりとインターネットの融合で新たな価値を創造し、日本のモノづくりをカッコよく、元気にすること。...

詳細へ

個人プロフィール

1962年3月生まれ滋賀県出身日本のeビジネス、特にB2B、ECのパイオニアとして、中小製造業のインターネット活用に新たな道を開拓した。1997年、町工場WEBマスターとなり、1999年、マグネットワールドオープン。当時製造業では唯一日経ECグランプリを受賞するなど中小製造業がネットで成功でき...

詳細へ

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(352)


バックナンバー

<<  2017年5月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメント一覧

最新トラックバック

  • まかせたろ 映画【レ・ミゼラブル】を語る from (株)京都工芸 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 先日、158分の大作【レ・ミゼラブル】を観てきました。 ヴィクトル・ユーゴー氏がロマン主義フランス文学の大河小説として 1862年に書いたものを映画化されています。 学校の教科書を通じてジャン・バルジャンの名前は遠く記憶に 焼き付いており日本ではミュージカルとしてあまりにも有名な 作品であります。 冒頭
  • ~がんばる中小企業のための展示会活用コミュニティ~からのヒアリング from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    有限会社マルワ什器の大島節子 社長が、中小企業が展示会を活用してもっと儲かってもらいたいという思いから、中小企業の経営者や展示会担当者同士の成功事例を共有し、展示会の準備・運営・フォローの方法を学びあうと、展活(テンカツ)~がんばる中小企業のための展示会活用コミュニティ~を今年の5月に立ち上げました。 その大島社長さんが10月5日に株式会社創の村上肇社長の運営しているe製造業の会との共催で展
  • 展示会見学ツアー & 活用事例報告会でパネリストに from ベローズ・ラボ ☆ベローズ案内人☆
    三元ラセン管工業がベローズを出展する第15回関西機械要素技術展の最終日10月5日に展示会見学ツアー & 活用事例報告会を株式会社創の村上肇社長が主宰しているe製造業の会の主催でマルワ什器の大島節子社長の主催する展活「がんばる中小企業のための展示会活用コミ...
  • モールアーチスト キタナカアツシ from (株)京都工芸 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 人を集める仕組みを学び 自社商品、サービスのファンを作る と題して滋賀でモールアーチスト キタナカアツシさんの 講演を拝聴に伺った。 独創的な世界をアーチストとして持ち続けるキタナカワールドに 2時間どっぷりと浸らせていただきました。 モールアートは以前から一度ブームがあったがそれ以降は 注目
  • ニュートップリーダー発刊3周年記念・特別講演会に行ってきます。 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    中小企業経営者向けに出版している「ニュートップリーダー」の発刊3周年を記念し、エヌ・ジェイ出版販売と日本実業出版社の共催による特別講演会がヒルトンプラザウエストで開催されるので行ってきます。 社員の潜在パワーを引き出す