大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


共感を得ようとしない!

投稿日時:2011/10/28(金) 08:00rss

共感企業
共感企業



昨日のブログで

「ここで最も大事なことは、自身の事業や商売の、何で、どこで、共感いただけるようにしていくのか?の具体策を考え、行動に移しているかである。」

こんな事を書いてしまったが、只今反省しております(^^;



共感は得ようとして得られるのではなく、逆に得ようとして行動すること自体が偽善的であり、共感は得られないと悟りました。

”損して徳とれ”と言われるように、共感は得ようとして得るものではなく、その人や会社の、理念や取り組み、商品やサービスが、お客さまに伝わったとき、自然と湧き上がってくる感情において「共感」が生まれないといけません。


ですから、このときに重要なことは、「すべての人に共感してもらおう」なんて考えないことです。

自分や自社が何らかの事業に取り組み、そこから生み出された製品や商品、サービスやコンテンツを喜んで対価を支払って買っていただけることがまずは大切です。

その中で、買っていただいた理由が、価格が安かったから!とか、性能が良かったから!というだけでは、これからはドンドンあたり前の世界になりいづれ買ってもらえなくなることが大いに考えられます。


そこで、共感というキーワードが重要になってきます。

では、共感はどうすれば生まれるのか?

これはまず、その人の、その会社の崇高な理念・ワクワクする理念・面白い理念などが重要になります。
すべての人に伝わらなくても、響かなくても良いので、自分の確固たる信念として持つことが大切です。

その理念をもとに事業に取り組み、そこから生み出された製品や商品、サービスやコンテンツは理念に共感頂けた人には、その人、その会社から買う理由、買い続ける理由、また、選び続ける理由が生まれるわけです。


これからの多くの消費者(BtoB取引も含めて)が、価格の安さや、商品の性能と言った自分に対するメリットだけではない、社会貢献であったり、ワクワク感であったり、周りも共に豊かになるような価値観に対価を払う時代となってきていると感じます。



 会社は儲けるために利益を上げるためにある。
 儲けるためには手段は選ばない。
 ビジネスはきれい事では済まない。


といった、基本的な考え方(理念)を持つ個人も会社も淘汰されるでありましょう。


 三方よし(売り手良し、買い手良し、世間良し)
 如何に、喜ばれるかだけを考えている。
 如何に、世のため人のために役に立つか。



のような、理念を持って事業に取り組んでいる個人や会社に、人は自然と共感し、「対価を払う・参加する・共に生きよう」と行動を起こすでしょう。


共感は、得ようとするのではなく、自然と共感していただける確固たる理念を持ち実践し続けることが大切ですね。


皆さんの、確固たる理念は何ですか?


最後までお読みいただきありがとうございました!




※記事冒頭の書籍は、共感で検索していたら出てきました尊敬する、阪本啓一さんの著書です。
 これから読みます(汗;)




※共感できるISOセミナー(^^)
 ⇒ http://factory.e-b2b.jp/seminar/20111124/







トラックバック一覧

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
911c4595fd4b8a16cd59f370a6f3e9dc.png?1534408262
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

会社概要

『中小企業(製造業/BtoB)に利益をもたらす!  インターネット活用セミナーとホームページ制作の会社です。』 ▼3つのミッションで躍動しています! ・モノづくりとインターネットの融合で新たな価値を創造し、日本のモノづくりをカッコよく、元気にすること。...

詳細へ

個人プロフィール

1962年3月生まれ滋賀県出身日本のeビジネス、特にB2B、ECのパイオニアとして、中小製造業のインターネット活用に新たな道を開拓した。1997年、町工場WEBマスターとなり、1999年、マグネットワールドオープン。当時製造業では唯一日経ECグランプリを受賞するなど中小製造業がネットで成功でき...

詳細へ

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(352)


バックナンバー

<<  2018年8月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

コメント一覧

最新トラックバック

  • まかせたろ 映画【レ・ミゼラブル】を語る from (株)京都工芸 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 先日、158分の大作【レ・ミゼラブル】を観てきました。 ヴィクトル・ユーゴー氏がロマン主義フランス文学の大河小説として 1862年に書いたものを映画化されています。 学校の教科書を通じてジャン・バルジャンの名前は遠く記憶に 焼き付いており日本ではミュージカルとしてあまりにも有名な 作品であります。 冒頭
  • ~がんばる中小企業のための展示会活用コミュニティ~からのヒアリング from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    有限会社マルワ什器の大島節子 社長が、中小企業が展示会を活用してもっと儲かってもらいたいという思いから、中小企業の経営者や展示会担当者同士の成功事例を共有し、展示会の準備・運営・フォローの方法を学びあうと、展活(テンカツ)~がんばる中小企業のための展示会活用コミュニティ~を今年の5月に立ち上げました。 その大島社長さんが10月5日に株式会社創の村上肇社長の運営しているe製造業の会との共催で展
  • 展示会見学ツアー & 活用事例報告会でパネリストに from ベローズ・ラボ ☆ベローズ案内人☆
    三元ラセン管工業がベローズを出展する第15回関西機械要素技術展の最終日10月5日に展示会見学ツアー & 活用事例報告会を株式会社創の村上肇社長が主宰しているe製造業の会の主催でマルワ什器の大島節子社長の主催する展活「がんばる中小企業のための展示会活用コミ...
  • モールアーチスト キタナカアツシ from (株)京都工芸 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 人を集める仕組みを学び 自社商品、サービスのファンを作る と題して滋賀でモールアーチスト キタナカアツシさんの 講演を拝聴に伺った。 独創的な世界をアーチストとして持ち続けるキタナカワールドに 2時間どっぷりと浸らせていただきました。 モールアートは以前から一度ブームがあったがそれ以降は 注目
  • ニュートップリーダー発刊3周年記念・特別講演会に行ってきます。 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    中小企業経営者向けに出版している「ニュートップリーダー」の発刊3周年を記念し、エヌ・ジェイ出版販売と日本実業出版社の共催による特別講演会がヒルトンプラザウエストで開催されるので行ってきます。 社員の潜在パワーを引き出す