大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


会社もGNH思考が大切では?

投稿日時:2011/12/02(金) 10:41rss




先日来日されたブータン国王の演説に感動して、関連する記事や本を読んだりしていて思うところを書いてみます。

ブータンは国王の穏やかな演説とは裏腹に、20世紀後半まで、戦争や暗殺、反政府運動などが続いていたようである。

が、それが逆に、GNH(国民総幸福)という発想を生み出したのだろう。


GDP(国内総生産)から、GNH(国民総幸福)へ舵を切り、現在では国民の97%が「幸福」と答える、見事なGNH大国となったブータンは本当に凄いと思う。

確かに人口67万人と、滋賀県よりも人口が少ない国ではありますが、国家として資本主義経済の世界で成し遂げられた意義は大きいと思います。


これを会社経営に置き換えても、学ぶところは大きいと素直に思います。

 売上至上主義
 利益至上主義
 拝金主義


確かに、資本主義経済の中で会社経営を継続していくには、売上、利益は必須です。

ですから、無駄を省き、生産性を上げて仕事をすることは大切なことですが、それが行き過ぎてはいないか、と振り返ってみることも大切な時期に来ているように思います。


 何のために会社を経営しているのか?

 何のために働くのか?
 何のために生きるのか?


と、深く深く常に自分に問い、考えることが大切だと思う。


 「関わるすべての人の幸福を追求する。」


これが、会社経営の真の目的ではないだろうか?

生産性、売上、利益はその目的追求のための手段ではないでしょうか?



人それぞれに「幸福」の捉え方は違います。

だから、難しい。

だから、面白い!



皆さん、人生にも会社経営にもGNH思考を取り入れてみませんか?


最後までお読み頂きありがとうございます。





トラックバック一覧

コメント


備忘録:お国も動いたか?

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111205/t10014408841000.html

“幸福度”試案 豊かさ数値化

内閣府は、経済成長だけでは、はかることができない、国民の「幸福度」を評価する、新たな指標の試案を発表し、心と体の健康や地域とのつながりなどを柱として、国民の豊かさを数値化することになりました。

これは5日、内閣府やOECD=経済協力開発機構などが都内で開いた会議の席上、古川経済財政担当大臣が発表したものです。それによりますと、日本は国民の豊かさをはかる新たな指標として「幸福度」を導入し、この中では「経済的状況」と「心と体の健康」それに「地域や人との関係性」の3つを柱にするとしています。そのうえで、子供の貧困率や自殺者の数、それに家族との接触の密度や放射線量への不安など、合わせて132の項目について数値化するとしており、来年からデータを集めて、有効性を検証することにしています。幸福度を巡っては、先に国王夫妻が来日したブータンが、国民の豊かさをはかる目安として、GNH=国民総幸福という指標を取り入れているほか、OECDも国際基準の作成に取り組んでおり、日本としても独自の指標を作って政策に反映させたい考えです。会議の中で、古川大臣は「東日本大震災で明らかになった、家族や地域、それに自然とのつながりや絆を重視した指標になっている。この指標がOECDの基準作りに反映されることを期待する」と述べました。

Posted by 村上 肇 at 2011/12/05 14:02:30 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

『中小企業(製造業/BtoB)に利益をもたらす!  インターネット活用セミナーとホームページ制作の会社です。』 ▼3つのミッションで躍動しています! ・モノづくりとインターネットの融合で新たな価値を創造し、日本のモノづくりをカッコよく、元気にすること。...

詳細へ

個人プロフィール

1962年3月生まれ滋賀県出身日本のeビジネス、特にB2B、ECのパイオニアとして、中小製造業のインターネット活用に新たな道を開拓した。1997年、町工場WEBマスターとなり、1999年、マグネットワールドオープン。当時製造業では唯一日経ECグランプリを受賞するなど中小製造業がネットで成功でき...

詳細へ

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(352)


バックナンバー

<<  2023年2月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

コメント一覧

最新トラックバック

  • まかせたろ 映画【レ・ミゼラブル】を語る from (株)京都工芸 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 先日、158分の大作【レ・ミゼラブル】を観てきました。 ヴィクトル・ユーゴー氏がロマン主義フランス文学の大河小説として 1862年に書いたものを映画化されています。 学校の教科書を通じてジャン・バルジャンの名前は遠く記憶に 焼き付いており日本ではミュージカルとしてあまりにも有名な 作品であります。 冒頭
  • ~がんばる中小企業のための展示会活用コミュニティ~からのヒアリング from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    有限会社マルワ什器の大島節子 社長が、中小企業が展示会を活用してもっと儲かってもらいたいという思いから、中小企業の経営者や展示会担当者同士の成功事例を共有し、展示会の準備・運営・フォローの方法を学びあうと、展活(テンカツ)~がんばる中小企業のための展示会活用コミュニティ~を今年の5月に立ち上げました。 その大島社長さんが10月5日に株式会社創の村上肇社長の運営しているe製造業の会との共催で展
  • 展示会見学ツアー & 活用事例報告会でパネリストに from ベローズ・ラボ ☆ベローズ案内人☆
    三元ラセン管工業がベローズを出展する第15回関西機械要素技術展の最終日10月5日に展示会見学ツアー & 活用事例報告会を株式会社創の村上肇社長が主宰しているe製造業の会の主催でマルワ什器の大島節子社長の主催する展活「がんばる中小企業のための展示会活用コミ...
  • モールアーチスト キタナカアツシ from (株)京都工芸 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 人を集める仕組みを学び 自社商品、サービスのファンを作る と題して滋賀でモールアーチスト キタナカアツシさんの 講演を拝聴に伺った。 独創的な世界をアーチストとして持ち続けるキタナカワールドに 2時間どっぷりと浸らせていただきました。 モールアートは以前から一度ブームがあったがそれ以降は 注目
  • ニュートップリーダー発刊3周年記念・特別講演会に行ってきます。 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    中小企業経営者向けに出版している「ニュートップリーダー」の発刊3周年を記念し、エヌ・ジェイ出版販売と日本実業出版社の共催による特別講演会がヒルトンプラザウエストで開催されるので行ってきます。 社員の潜在パワーを引き出す